ベジーデル酵素液の成分

プチ断食で使用することで有名になったベジーデル酵素液には、100種類以上の厳選された植物の原料が使われています。ベジーデル酵素液には、それらの原料を細かく刻まないで、丸ごと漬け込む製法で作られていることで、栄養価が非常に高くなっています。
ベジーデル酵素液に使われている植物を紹介すると、根菜類では、ニンジン、大根、ゴボウなどの11種類が、葉野菜では、キャベツ、白菜、ほうれん草などの20種類が、花菜類は、ブロッコリー、カリフラワー、食用菊の3種類が、茎野菜では、竹の子、ズイキ、ウド、アスパラガスの4種類が、果菜類では、カボチャ、キュウリ、シロウリなどの16種類が、芋類では、ジャガイモ、サツマイモ、サトイモの3種類が、イチゴ類ではイチゴが、柑橘類ではミカンとレモンの2種類が、小粒果実類では、梅、琵琶、ブドウなどの6種類が、大粒果実類では、柿、梨、パパイヤなどの5種類が、海藻類では昆布、ワカメ、ヒジキなどの7種類が、きのこ類では、椎茸、マイタケ、エノキダケなどの5種類が、野草類では、アシタバ、オオバコ、カンゾウなどの9種類が、豆類では、小豆、黒豆、インゲン、枝豆が、穀類では、玄米、大麦、はと麦などの8種類が、そしてナッツ類はカシュナッツとアーモンドがそれぞれ含まれています。
これら多くの成分が入ったベジーデル酵素液が、プチ断食に大きな効果を与えてくれことになります。